患者さんに再来院(リピート)したいと思わせる施策〜Part4〜

患者さんに再来院(リピート)したいと思わせる施策〜Part4〜

患者さんが増えるコツは?親近感と記憶

何もしないなんて勿体ない!
患者さんが読みたいニュースレターのコツと作り方。

患者さんを増やす活動はどんなことをしていますか?

この質問をしたら、先生ならなんと答えますか?

私の経験上、一番多かった答え。それは「何もしていない」です。
多くの先生が、クリニックは宣伝活動なんかするもんじゃないよ、と思っています。

次に多い答えは「何をすればいいの?」です。

そこで私がオススメするのは、ニュースレターです。
え?ニュースレターなんか古くない?そう思われたでしょう?

もちろん、時代はSNS。ブログなどインターネットは有効です。今後も利用者は増えます。
ただ、私の感覚からしてクリニックの最も有効的なマーケティングの1位は「ニュースレター」です。
2位がブログです。

たぶん、先生がイメージするニュースレターと私がイメージしているニュースレターは乖離があります。

私が考えるニュースレターとは。

その目的は「忘れさせないため」です。
来院を促すためではないんです。
DMで送られてくる販促のチラシとは違います。
というよりもむしろ、売り込みは販促と思われるニュースレターはNGです。

では先生がもしニュースレターを発行しよう!となったとします。

先生ならどんなニュースレターを作りますか?

先生が陥る落とし穴

実は「医師として伝えたいこと」を書いてもあまり効果はありません。。
ニュースレターを読むのは誰でしょうか?そうです、患者さんです。
だから、患者さんが知りたいこと、興味がある情報を発信しましょう。

たまたま、健康診断で病気が見つかり、それが先生の専門分野でしたら医療情報が役立つこともあります。
でも、ほとんどの患者さんが知りたい情報は、「先生」に関する情報なんです。
ここを意識すると患者さんから共感され親近感が生まれます。

「先生が伝えたいこと」ではなく、「患者さんが知りたいこと」
繁盛しているクリニックはコレを発信しています。

  • どうして医師になったのか?
  • どんな子供時代を過ごしたのか?
  • 実は花粉症で困っている
  • 週末は家族サービスをしている

意外でしたか?

会うのは診察室だけ。
どんな人かわからないとなかなか信頼関係って築けないものです。
「先生ってこんな人なんだ」人となりがわかると親近感が生まれますよね。

その後、「どこか良いクリニック知らない?」と聞かれたときに、真っ先に浮かぶのが「親近感があり記憶にある先生」となるのです。
「真っ先に浮かぶクリニック」=「繁盛しているクリニック」です。

ポイントは親近感と記憶。

先生も患者さんに伝えてみませんか?
「あなたのことを気にかけています」ということを。

「ニュースレター」や「SNS・ブログ」などを活用した発信をしてみたい!
そう思ったら是非ご相談ください。
先生のクリニックに合ったマーケティングをサポートさせていただきます。

アルファネットへのお問合せはこちらから

お電話でお問合せ 090-1868-6752
フォームからお問合せ お問合せフォーム