患者さんに再来院(リピート)したいと思わせる施策〜Part1〜

患者さんに再来院(リピート)したいと思わせる施策〜Part1〜

こんにちは。医薬品業界出身の開業医の安心経営パートナーの原数幸です。
これまで様々なクリニックを経営されているお医者様と関わる仕事をさせていただいてきた中で、ある程度親しくなってから初めて打ち明けてくださることがあります。「患者さんが増えない」という悩みです。

  • 誰にも負けない技術があるのに
  • 患者さんに丁寧に接しているのに
  • 最新の機器を揃えたのに

「患者さんが増えない」「リピートしない」そういったお悩みを抱えておられるクリニック経営者の先生はたくさんいらっしゃいます。先生のクリニックはいかがでしょうか?

医療という高い専門性と広範な知識が必要な世界で、日々患者様に向き合われ研鑽をつまれている医師の皆様を私は本当に尊敬しています。私はそういった先生方を財務・経営面からサポートをする仕事をさせて頂くなかで、技術や知識以外のプラスアルファの要素の有無が「患者さんを増やす」「再来院(リピート)してもらう」結果に繋がるのだと確信するようになりました。

もちろん技術や知識は重要です。
しかし患者さんにとって、初めて来院した時点では普段の健康が損なわれたいわば『マイナスの状態』です。治療はそれを『0に戻す、近づける』行為であり、患者さん自身の体験としては(もちろん先生への感謝はあるとはいえ)「元に戻った」以上の感動はありません。

ここにプラスアルファの要素が加わることで、0からプラスの記憶にかわります。

プラスアルファの要素といっても小さなことで構いません。受付けの対応や待ち時間を快適に過ごせるような配慮、医療従事者の言葉遣いや医師が孫の名前を覚えていてくれたことなど、患者さんにとって「自分が大切にされている」と感じるような小さな気遣いがあるかによって『次もそのクリニックに行こう』『知り合いに勧めよう』となるかが決まります。

また、患者さんが治った後のフォローアップも大切なポイントです。(これは次の記事で詳しく書きます)

クリニックを安定的に運営し、スタッフを幸せにし、先生自身も豊かになるためには、経営の視点を取り入れ「増患対策」「リピーター対策」を正しく行うことが重要です。

クリニックの増患対策やリピーター獲得にお悩みの先生は、私共アルファネットにご相談ください。これまで数多くのお医者様と関わってきた経験を元に『結果に大きな差を生む、ほんの少しの心遣い』についてお伝えします。

アルファネットへのお問合せはこちらから

お電話でお問合せ 090-1868-6752
フォームからお問合せ お問合せフォーム