退職を考えているスタッフの5つのサイン

退職を考えているスタッフの5つのサイン

長年勤めているスタッフ:「先生あとで少し時間いただけますか?」
先生:「診療が終わったらいいよ」(ん?急に改まってなんだ?)

後日、、「先生、申し訳ございません。辞めさせてください。」


日頃多くの先生をサポートしていてる中で、先生がしばしば悩まれている問題の一つに「スタッフの退職」があります。ただでさえ人手が不足しがちな中での突然の退職宣言に、現場やシフトの混乱、人材確保など、至急対処しなくてはならない問題が一気に現れます。

こういった場合「突然スタッフが辞めると言い出して…」と仰る先生が多いのですが、詳しく話を聞くと、実は以前からスタッフの方が出していた「私辞めるかもしれないサイン」を先生自身が見落としていたケースがしばしば見られます。

経験豊富で優秀なスタッフの退職は時としてクリニックの経営に大きなダメージを与えます。その方が持っていたスキルや業務知識が失われるだけでなく、そのスタッフを信頼して通っていた患者さんが来院しなくなる可能性もあります。また、その方と同等のスキルを持つ人材の確保にも大きなコストがかかります。

このように、クリニックの提供する医療の質を保つ上でも、クリニック経営の視点でも、スタッフの退職は大きなリスク要因と言うことができます。ですので、先生はスタッフが退職を決断する前に日頃からサインを見逃さないようにすることが重要です。

これからご説明する「退職を考えているスタッフの5つのサイン」は医療業界に限ったことではありませんが、私が関わった様々な企業やクリニックなどで退職された方とその同僚の方などに実際にインタビューして得られた共通点です。

退職を考えているスタッフの5つのサイン

行動が変わる

  • 上司(先生)やスタッフ同士とのコミュニケーションが減る
  • 自分の殻に籠るようになる

今まで話好きで笑顔が絶えなかったスタッフが急に無口になったり、コミュニケーションが減るのは退職の際にしばしば見られるサインです。また、退職を考えているスタッフは「職場に申し訳ない…」という気持ちがあるためコミュニケーションを避けてしまいがちになります。スタッフの会話が減ったように感じたら注意が必要です。

②積極性が失われたり長期的な課題への取り組みを避ける傾向

  • いつも積極的に引き受けていたのに、受け身になってきた
  • クリニックの将来など長期的な課題について話しにくそうにする

『私は辞めるからいいや、逆に関わると迷惑をかけてしまう』という考え方になるため、仕事に対する積極性が減り、長期的な課題への関わりを避ける傾向が出てきます。スタッフにそういった様子が見られた場合は、面談の機会を設けて不満を聞く、解決策を提示するなどで退職を思いとどまることがあります。

③休みが多くなる

今まで有給休暇を取らなかったスタッフが急に休暇を取るようになるのは退職を考えている方に見られる傾向です。ただし親の介護や資格取得などで休みが必要になるケースもありますので、休みがちなスタッフがいる場合は面談などで休みの使い途などそれとなく確認しましょう。

④不平・不満を言うようになる

退職を考えているスタッフは、自分の職場の悪い点に意識がいきがちで、他のクリニックと職場環境を比較したり、自分の職場の悪口を言ったりするケースがあります。「自分のクリニックを良くしたい」思いからそういった不平を言うこともありますが、不平不満が多い場合はヒアリングの機会を設け、双方で歩み寄れるポイントを探りましょう。

⑤逆に不平・不満を言わなくなる

④とは逆のケースですが、今まで不平不満が多かったスタッフが急に何も不満を言わなくなる、というのも退職の兆候です。退職を現実的に考えるにつれ、今の職場の事柄に関心が無くなったサインと見ることができるからです。


退職を考えているスタッフのサインを見逃したまま放置すると、その方が退職するリスクだけではなく、不満が伝播するなどで職場の雰囲気が悪化したり、退職が連鎖してしまう、ということも起こりえます。スタッフを大切にして、小さな変化に気づくためにも先生から積極的な声かけや雑談をするようにしましょう。

スタッフの退職、人材確保にお悩みの先生は、私共アルファネットにご相談ください。これまで数多くのお医者様と関わってきた経験を元に『スタッフ面談のポイント』『スタッフの評価制度』『スタッフの意識調査』などサポートさせていただきます。

アルファネットへのお問合せはこちらから

お電話でお問合せ 090-1868-6752
フォームからお問合せ お問合せフォーム