スタッフとの定期的な面談、先生は実施していますか?

業務が忙しくなると「先生とスタッフ」「スタッフ間」の意思疎通を図る機会が減ってしまいがちですよね。
特に問題なのは、スタッフの人間関係です。

病院やクリニックは、女性スタッフが特に多い職場。
表面的には大きな問題はないように見えていても、実は水面下で大きなトラブルが起きている……なんていうことも。

これはクリニックだけでなく、どんな小さな職場でも発生することでもあります。

先生に話し難いことがあったり、細かな運営上の問題が重なったり、スタッフ同士の人間関係、仕事のやりがい等、先生は気づかなくても、退職に繋がるような不平や不満が多数発生している可能性はとても高いのです。

先生は何も問題がなく業務が行われている、と思っていても、
「エッ!」っと驚くことが突然やってくる。

スタッフ:「先生、、今日の診療が終わったら少しお時間良いですか?」
先生:「急に何だろう?(嫌な予感・・・・)」

夕方になり、診療が終わって、嫌な予感は的中。
スタッフから退職届が出されます。

冷静に理由を聞いてみると、表向き業務は順調だと思っていたけど、

「こんな不満があったのか」…と、
早めに把握していれば対処できたことが、気づいた時にはすでに手遅れ、ということは多いのです。

そうならないためにも、
定期的な面談をして、スタッフの話を聞く機会を持つことが重要です。

普段からスタッフとは常に会話やコミュニケーションをとり、パートナーや外部の専門家などを活用しながら、対策を進めることを強くお勧めします。

これは、先生が引退されるまで続く業務でもあるのです。